Skip to content

外壁塗装のリフォーム時期!塗装種類別の塗り替え時期

もっとも経済的なアクリル塗装

外壁をリフォームする際に使用する塗装の種類の中で、一番価格がやすく経済的なのがアクリル成分の塗料になります。耐久年数は4年から7年ほどの期間になりますが、リフォームする費用がリーズナブルのため最も多くのリフォームで利用されている塗装になります。単価が安いと同時に発色の良さや重ね塗りしやすいといった特徴などもあります。塗装しやすく絵具の用に使用できるため、様々なデザインをするにはとても優れた塗装になります。

バランスがよいのがシリコン塗装

外壁塗装のリフォームする歳に使われる塗装として、シリコン塗装があります。シリコン塗装の最大の特徴となるのが、費用と耐久期間のバランスが一番安定している点でしょう。耐久性期間は10年から13年とある程度長く確保されるのに対し、価格もそれほど高くなく使用することができます。コストパフォーマンスが良いだけではなく、雨や泥などをはじくコーティングができるため塗装後も長い期間美しい外壁を保つことができるのも嬉しいですね。

最も耐久性の高いフッ素系塗装

外壁塗装のリフォームで使用される塗装の中で、もっとも耐久性が高いのがフッ素系の塗装になります。その特徴として、耐久期間は15年から20年と長い期間外壁を守ることができますよ。また耐久性以外にも熱に強い耐熱性や、寒さにも強い耐寒性などにも優れています。その為、一度リフォームすることで長い期間家を守り続けるクオリティの高さは魅力的ですね。他の塗料に比べて価格は割高になるため、一般家庭でのリフォームで使用は少ないですが機能的には優れた塗装ですね。

外壁塗装を千葉ですることができます。デザインなどを自分で考える事もできるので、希望に沿った外壁を創りあげることができます。