Skip to content

どうしたらいいの?介護老人ホームの選び方

いくつかある老人ホームの種類

介護施設や老人ホームなどといったものには、いくつかの種類があります。まず主に民間事業者の運営している「有料老人ホーム」、高齢者がバリアフリーに対応している賃貸住宅で、生活のことを確認したり安否の確認などといったサービスを受けることの出来る「サービス付き高齢者向け住宅」があります。そして民間事業者や社会福祉法人などが運営している、「地域密着型施設」、「軽費老人ホーム」、医療法人・社会福祉法人などが運営している「介護保険施設」などがあります。様々な種類があるので、本人の意向などによって選んであげたいですよね。

老人ホーム・介護施設それぞれの特徴

「有料老人ホーム」とは、高齢者の人が住みやすいよう配慮した環境になっている住まいなんです。食事・介護の提供や、選択や掃除などといった生活周りや、健康管理などを提供してくれます。つまり、高齢者の人が日常を送る上で必要としているサービスが付いている住まいの事なんですね。入居者の状況に応じ、広い範囲や機関にわたって提供されるものです。「サービス付き高齢者向け住宅」は、最低限安否確認や、生活相談のサービスが提供され、トイレや洗面設備、バリアフリーなどの設置により、高齢者の人を安心して住みやすく出来るよう補助するという事を基準とされた施設です。「地域密着型施設」は、利用者である高齢者の人が、できるかぎり自立した日常を送ることが出来るように、「特別養護老人ホーム」が、常に介護が必要な人を受け入れている場所です。そして、日常で重要な入浴や食事などの支援、療養上の世話などを提供してくれる場所なんです。「軽費老人ホーム」は、有料老人ホームより比較的経費の掛からない利用料でサービスを提供している施設です。ここでは生活に不安のある人への支援、また要支援の高齢者などを受け入れているんですね。

選び方のポイントとは?

環境によって、どうしても同居できないというような状態になってしまう家庭も少なくないですよね。勿論費用などにもよりますが、出来るだけ本人の意向にそって施設を選んであげたいものです。日常生活で殆ど自立している人は「サービス付き高齢者向け住宅」などが良いかもしれませんね。他の入居者と交流を図ることができて、元気が出るような施設を希望する人は多いことでしょう。施設によっては幼稚園児や保育園児の子供たちとの、触れ合い遊びの行事を行ったりするところもあるようですよ。そういった行事の多い施設を選ぶのも良いのではないでしょうか?

川崎市の老人ホームは、個人を尊重しているホームが多く、ご家族が安心して預けれる環境が整っているところが多いのが特徴です。