Skip to content

賃貸は必見!マンションの原状回復について学ぼう

原状回復の意味とは?

国土交通省が公表しているガイドラインによれば、原状回復とは賃借人の故意過失や善管注意義務違反、その他の原因による損耗を、賃借する前の状態に戻すこととされています。このガイドラインが発表される前は、原状回復という言葉自体が曖昧であったため、様々なトラブルが相次いでいました。今では、具体的な原状回復すべき例なども明らかにされていて、賃借人と賃貸人の双方にとって、よりわかりやすくなったと言えるのではないでしょうか。

以前は室内の劣化はすべて入居者の責任とされていた

以前、賃貸マンションやアパートを借りた経験のある人なら、転居するときに、壁や床の張替えなどの費用として多額の原状回復費用を請求され、敷金がほとんど消えてしまったという人も多いのではないでしょうか?昔は、マンションを借りている人にとても不利な状況であり、そのことが社会問題化したため、全国で裁判沙汰になったりしました。その結果、今では入居者負担となる部分がかなり減ってきたと言ってよいでしょう。入居者の権利が強くなったのはよいのですが、入居者に責任があることがはっきりしているにもかかわらず、オーナーが負担すべきと主張するモンスタークレーマーも出現しているそうです。

明らかに入居者が負担すべき原状回復費用とは

その責任が明らかに、入居者にあると思われる費用は、入居者が負担して当然ですよね。具体的には、壁への落書きや引っ越しのときに床についてしまった傷、タバコのヤニや匂いなどです。最近よく問題となっているのが、ペットに関する原状回復費用です。ペット同居可のマンションが増えるに従って、ネコが柱で爪研ぎをしたときにつけた傷や糞の匂いなどについての費用を、オーナーと入居者のどちらが負担するかが争いに発展することも多くなっています。ペットと一緒に暮らす場合には、入居前に細かいところまで確認する必要がありそうですね。

函館のマンションは数多くの物件が見受けられます。そのために、希望の価格や部屋数で選ぶことができます。