Skip to content

マンション購入の資金計画!住宅税制を上手く活用しよう

頭金を両親等に贈与してもらう

マンション購入には、頭金の用意をしたり住宅ローンを組んだりして資金調達する必要があります。その場合に、税制は多くのサポート制度を用意してくれていますので、それを活用するといいでしょう。まず頭金については、住宅資金の一括贈与の非課税制度を活用することを考えるのが得策です。居住用住宅取得のために両親からの贈与を受けた場合には、年度や物件の種類に応じて一定金額までは贈与税がかからないという制度があります。これを使ってうまく節税しながら資金の援助を受けるといいでしょう。

相続時精算課税制度の活用もある

住宅資金を贈与してもらう方法としては、相続時精算課税制度を使うという方法もあります。一括贈与の非課税の規定と併用できますので、非課税枠を超える資金の贈与を受ける場合には、相続時精算課税制度を使うことによってさらに贈与税の負担を軽くすることが可能になるでしょう。一括贈与の非課税枠を超える金額が2500万円以内であれば贈与税の負担はありません。注意点としては、相続時精算課税制度を使って受け取った資金は、相続税の計算時に加算する必要があるという点です。この点だけ理解して活用するといいでしょう。

住宅ローン控除は是非活用しよう!

マンション購入時に利用したい税制の代表的なものとしては住宅ローン控除もあります。10年以上の返済期間で住宅ローンを組んだ場合、年末のローン残高の1%(上限金額はある)を所得税から10年間税額控除できるという制度です。控除しきれない分は一定額まで住民税からも控除できますので、これを利用しない手はないでしょう。注意点としては、会社員であっても活用する初年度は確定申告が必要になるという点です。2年目以降は年末調整で対応してくれるはずです。

つくばのマンションは、マンションなので一戸建てのように入居するのに面倒な手続きがなく簡単な手続きを行うだけで暮らすことができます。